施設のご案内 ご利用案内 蔵書検索 お知らせ 海士町まるごと図書館構想とは? カレンダー
図書館からのお知らせ

中学生が選んだおすすめ本

2020/10/09

『バムとケロのおかいもの』 島田ゆか 作・絵

 私のおすすめの本はバムとケロのおかいものという本です。
この本は、月に一度のおかいものの日のことについて書かれています。
私が、気に入っている所はおかいものに行く日の朝のケロちゃんの様子です。
いつも寝坊しているのにこの日だけは、早く起きて朝ごはんを作って待っている所が
すごく可愛くて気に入っています。
おかいものをしに行っていちばについたらいろんな所に寄っておかいものをします。
ケロちゃんの残したごはんをバムが食べてくれたり、、、急にいなくなったり、、、
もう一つ気に入っている所はケロちゃんが最後にでこぼこしたフライパンを買うところです。そのフライパンを使って次の日かえるの模様のついたパンケーキを作ってくれます。最後はみんな笑顔で終わるこの本はとてもすてきだなと思いました。是非読んでみてください。

(中学生職場体験 Y)




『わたしはマララ』 マララ・ユスフザイ 著

 誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
この本は当時15歳のマララが下校中のスクールバスの中で至近距離から頭を打たれ生死をさまよった一人の女性の話です。私は頭を打たれながらも奇跡的に回復をとげた強い女性に惹かれこの本を選びました。
マララの父の「マララ、おまえはひとりの子どもとして、自分の意見を言う権利があるんだ」という言葉がとても印象に残っています。
今、何かで悩んでいる人もこれを読めば何か変わるんじゃないかと思いました。是非読んでみてください。

(中学生職場体験 Y)




『あのね、サンタの国ではね…』 黒井 健 作・絵

 この本はサンタの国での1年を描いた本です。1ヶ月ごとのサンタクロースの様子を見ていると読んでいる中で「じゃあ、こんな時は~しているのかな」と想像が広がります。
 私が好きな場面は、8月のサンタクロースたちの短い夏休みです。海にみんな同じ格好で入り遊んだりくつろいだりしているのを見て、「なんかおもしろいな」とおもいました。
 他の月も面白くてこの本をみると自然に笑顔になってしまいます。読んでいてとても楽しくなるほんです。ぜひ読んでみて下さい。

(中学生職場体験 A)




『何でも魔女商会─_侏貌はトラブル』 あんびるやすこ 著

 この本は私が小学生のときに読んだ本です。とても面白くて何回もくりかえしてみました。リフォーム支店で働くおさいほう魔女のシルクと人間のナナ、めしつかい猫のコットンたちの物語です。シリーズもので、1巻1巻にちがったメッセージが込められています。┫の「火曜日はトラブル」では、新しいことにチャレンジすることの大切さがかかれていると私は、感じます。
このシリーズで私が見てほしいところは、シルクがかくスケッチブックのページです。とてもきれいなイラストで、何回みてもあきません。お話はもちろん、絵も楽しい本です。こどもだけでなく、ぜひ、大人の方も読んでみて下さい。

(中学生職場体験 A)



添付ファイル
参考リンク等


所蔵本情報 『バムとケロのおかいもの』、『わたしはマララ』、『あのね、サンタの国ではね』、『なんでも魔女商会8 火曜日はトラブル』


蔵書検索(タイトル・著者名・内容から、蔵書を検索できます)
10:00〜18:00
※休館日 毎週火曜日
(祝日の場合は翌日が休館日)
お気軽にお問い合わせ下さい●図書館へのご意見・ご要望や感想●図書館へのご質問●調べもの、資料相談●本のご予約●本のリクエスト
  • おしらせ
  • イベント・お話会開催案内&開催報告
  • 新着図書
  • ベストリーダー
  • スタッフのおすすめ
  • スタッフ日記